« 6月5日私の好きなアジサイが咲き始めました | トップページ | 7月4日福島第一原発汚染水の海洋投棄強行の理由 »

6月30日関西の自治体議員・市民との反原発会議に参加

   6月30日、新型コロナ感染でしばらく参加を見合わせていた関西の反原発自治体議・市民との会議に久々に参加しました。新幹線は、まだがらがらで密を避けることができました。
   関西電力は、昨年、役員の多くが原発工事費から多額の金品を受け取っていたことが暴かれ市民と関西電力双方から訴えられています。関電はコロナ感染拡大下の三密状態で原発の運転と再稼働工事を続け、そのうえ45年超えの老朽原発を動かそうとしています。9月6日に延期された「老朽原発うごかすな!大集会inおおさか」に向け、7月23日に第4回総会をかねて講演会を開催。老朽原発の危険性と、私も参加した関電を告発した訴訟に関し大阪地検の動きをお聞きする機会になります。写真は再稼働準備工事が進む高浜原発1.2号機
6301-2

|

« 6月5日私の好きなアジサイが咲き始めました | トップページ | 7月4日福島第一原発汚染水の海洋投棄強行の理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6月5日私の好きなアジサイが咲き始めました | トップページ | 7月4日福島第一原発汚染水の海洋投棄強行の理由 »