« 7月4日福島第一原発汚染水の海洋投棄強行の理由 | トップページ | 経産省が持続化給付金委託先入札内容を非公開 »

カードのなりすましで10万円定額給付を不正受給

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた現金10万円の一律給付を巡り、石川県能登町で何者かが不正に10万円の給付金の申請を行い、町内に住む家族5人分の給付金、合わせて50万円がだまし取られました。世帯主の男性がことし5月、5人分の給付金の申請を郵送で行いましたが、なかなか支給されなかったため、警察などに相談して事件が発覚しました。不正は、マイナンバーカードを使ったオンラインによる申請で行われていました。警察は、世帯主になりすまして給付金をだまし取ったとみて、詐欺などの疑いで捜査しています。マイナンバーカードのなりすまし被害は、カードを持たなければ避けられます。
76

|

« 7月4日福島第一原発汚染水の海洋投棄強行の理由 | トップページ | 経産省が持続化給付金委託先入札内容を非公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7月4日福島第一原発汚染水の海洋投棄強行の理由 | トップページ | 経産省が持続化給付金委託先入札内容を非公開 »