« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

3月20日高井戸中学校卒業式で見事な合唱に感動

3月20日桜のつぼみが膨らむ温かい日に、高井戸中学校の卒業式に参列。在校生の送る言葉、卒業生代表の答辞と見事な合唱に心打たれました。萩原校長先生の送る言葉は、イチロウ引退がまだ思いもよらない時期、イチロウの言葉を引用しながら話されたことです。生徒には後で忘れられない言葉になったでしょう。校庭のアンネのバラはつぼみもまだでした。
323


320

| | コメント (0)

3月17日朝鮮第9初級学校卒業式に参列

3月17日阿佐谷の朝鮮第9初級学校の卒業式に参列し、心からお祝いしました。7人の卒業生と卒業演で披露した民族舞踊。
3179
317

| | コメント (0)

3月16日東京大空襲朝鮮人犠牲者追悼会で日朝議連を代表して追悼の辞

 3月16日両国にある東京慰霊堂で、1945年3月10日の東京大空襲で犠牲となった朝鮮人犠牲者追悼会が行われました。朝鮮植民地時代に朝鮮半島から連行され、また生活のために移住した朝鮮人が東京に数十万人暮らしていて、朝鮮人強制連行真相調査団の調査により、東京大空襲により1万人以上が死亡し4万人が負傷したことが判明しました。日朝友好促進東京議員連絡会を代表し、追悼の辞を述べさせていただき、この事実を周知させるとともに、ご遺骨を遺族のもとに返還する活動を支援することを誓いました。下は慰霊堂の横に建つ朝鮮人犠牲者追悼碑。
316

316_1

| | コメント (0)

3.11福島を忘れない式典と講演が盛況

  3月11日、杉並区が毎年開催する「3.11を忘れない」式典と講演がセシオン杉並で開催されました。第1部では区と「災害時相互援助協定」を締結している、福島県南相馬市の門馬和夫市長のビデオメッセージ上映や、区立小中学生の防災に関する作文コンクールの表彰が行われました(写真)。続いて東日本大震災発生後に自ら車を運転し、支援物資を運ぶなど、宮城県石巻市や東北各地での支援活動を現在も続けている、落語家の林家たい平さんが登壇。被災地の様子や復興に向かって歩み続ける人々の姿を熱く語り、「被災地のことを思うこと、忘れないことが一番大切だと思う」と伝えました。
311

| | コメント (0)

3月5日~8日平和の願いを刺繍に込めた子どもたちの作品を展示

  3月5日~8日まで、区役所で世界の恒久平和を願った展示会が開催されました。区役所2階では平和のための生徒のポスターコンクール入賞作品などを展示。1985年、高井戸小学校の6年生151人が平和をテーマに刺しゅうして作った壁掛けも合わせて展示されました。壁掛けは縦約1.2メートル、横約1.5メートル。子どもたちが自由に図柄を刺しゅうした15センチ四方の布を縫い合わせたもの。元小学校教諭の村田尚子さんが自宅で保管してきたものです。新たな保管者や展示場所を探していたところ、区から出品を依頼されこの展示となりました。東京新聞が報道し、多くの方たちの鑑賞を得ました。

310

| | コメント (0)

3月2日高円寺から「安倍NO!」1000人デモに参加

 3月2日高円寺中央公園で「9条 変えるな!安倍政権 NO!3.2 杉並集会が」開かれ、阿佐谷駅前までデモが取り組まれました。福島第一原発事故を受け、高円寺で脱原発デモを呼びかけ、1万5千人をあつめた「素人の乱」の若者たちが加わり、1000人を超える元気な集会とデモになりました。
32


| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »