« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

 10月20日東海第二原発ストップ!首都圏集会に730名

 

10月20日、東海第二原発の20年延長と再稼働に反対する集会が、教育会館の大ホールで開かれました。730名が参加し、鎌田慧さん、村上前東海村長から東海第二再稼働の危険性、オシドリまこ・けんさんの軽妙な語りで、規制委員会がこれを認めることの問題点が浮き彫りにされました。短期間に首都圏でこれだけの方たちが集い、反対の声を上げたことは画期的なことでした。

1020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪市で大阪城パークマネージメント事業を視察

 18日は、高松市からJRで瀬戸内海を渡り大阪市を訪問、中央卸売市場にある市の建物で「大阪城パークマネージメント事業」の報告を受けたあと、大阪城公園を視察しました。
 大阪市は、大阪城公園を世界的な環境拠点にするために、大阪城公園一帯を管理運営する「大阪城パークマネージメント事業者を募集。電通関西支社、讀売テレビ、大和ハウス、NTTファシリティーズなどで構成する「大阪城パークマネージメント株式会社」を指定管理者として選定、新たな魅力ある施設の整備により、大阪城天守閣の昨年度の入館数は275万人で3年連続過去最多を更新、年間4千万円の赤字であった市立公園が、市に2億円以上の収入を得る施設に変貌しました。
 その後大阪城公園を視察、以前見た時のただ広い公園であった環境は、アミューズメント施設へと一変し、家族連れや外国人が多数来場しウイークデーでもにぎわっていました。中でも大阪城本丸広場の歴史的建造物「旧第四師団司令部庁舎」のあった洋館が、 装い新たに「ミライザ」というフレンチやイタリアンを楽しめる魅力スポットに大変身! でも、屋上から写真を撮ろうとしたら、料理を注文ンした客だけに限ると断られ、民間事業者の営利主義を実感させられました。写真下建物がミライザ。

1018

1018_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月17日~19日都市環境委員会で高松市、大阪市、静岡市を視察しました

 10月16日の本会議で全議案を採決した翌日から、あわただあしく所属する都市環境委員会の行政視察に向かいました。
  17日は羽田空港から高松空港に飛び、高松市のまちづくりの視察です。テーマは中心市街地活性化事業、車社会の急速な進展により、居住や消費の郊外化が進行した結果、多くの地方都市において中心市街地の空洞化が進行しシャッター通りになっています。四国の拠点都市である高松市も、居住人口の減少、高齢化、歩行者の減少、空き店舗の増加で、中心市街地の賑わいが失われ、再生に向けた取り組みが行われてきました。「コンパクトでにぎわいあるれるまちづくり」めざす取り組みの報告を受け、その後現地を案内いただきました。ウイークデーの午後でしたが通行客も多く、再開発前の通りと再開発後の通りの一長一短を見ることができました。写真は中心市街地の核としてつくられたイベント広場。

1017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »