« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

安倍政権以外の選択肢ができたことによる都民ファーストの勝利

 55議席へと躍進した都民ファーストは、選挙前に、「豊洲移転と築地の再開発」というあいまいな態度を表明し期待外れとなりながらも、他に受け皿がないという理由で支持を広げました。安倍首相の「憲法改正」は、同じ日本会議に席を置く小池知事の持論でもあり、国政では、橋下大阪維新とともに安倍政権に協力する危険性が危惧されます。
 一方、無所属区民派が支援した小松久子さんは次点にとどまりました。北多摩地区で都民ファーストと選挙協力をしたことで都民ファースト与党とみなされたたことが致命的でした。杉並と世田谷では勝利の可能性がありながら、共産党に票が流れる結果となりました。小松さんが議席を失ったことは無所属議員や支持政党のない区民が頼りにしてきただけに残念でした。.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都議選結果を安倍政権の退陣へと生かそう

東京都議選での惨敗後、安倍内閣支持率は下落し続け、最新の世論調査では299%にまで落ち込んで危険水域に入りました。安倍首相が日本会議に支えられ極右路線で暴走してきたのは、選択肢のない低投票率による支持率の高さでした。小池都民ファーストの登場で、さしあたり選択肢を見つけた有権者は、安倍首相の独断専行と森友学園以降暴かれた数々の不正に、厳しい審判を加え、「安倍一強」神話は崩壊しました。24日の臨時国会で批判をかわし内閣改造で乗り切ろうと図ってもこの流れは止まらないでしょう。改憲スケジュールのこだわり続ける安倍首相に、自民党内部や公明党との関係で軋みが出ています。国会内外で追及の声を強め、安倍晋三を退陣へと追いやすチャンスを生かしましょう。

623

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »