区域外特養エクレシア南伊豆を視察

ダウンロード - 6e69c8827e697a5e382a8e382afe383ace382b7e382a2e58d97e4bc8ae8b186.jpg

午後は、まず南伊豆町と杉並区が共同して建てたエクレシア南伊豆を視察しました。杉並と比べ土地がはるかに安い分を、個室の広さや施設の充実、職員の体制の強化に充てることができたことを実感しました。その後、隣の南伊豆町健康福祉センターで、NPO風楽(ふうら)の代表渡邉映子さんから、赤ちゃんからお年寄りまでだれでも利用できるデイサービス「おっけい」の取り組みをお聞きしました。元杉並区民の渡邉さんは、都立の障がい者施設に勤め、途中退職して自分がやりたい事業を始め、学童クラブからスタート、現在45名が利用。静岡県賀茂郡南伊豆町にお連れ合いとともに移住し、遅れていた障がい者サービスにも取り組まれた。

ダウンロード - 6e69c8827e697a5e8a696e5af9fe6b8a1e8bebae38195e38293.jpg

 

 

| | コメント (0)

6月27日~28日南伊豆町を会派で視察しました

27日は、新宿から朝9時25分スーパービュー踊り子で出発、伊豆急下田駅に2時間47分で着。車で南伊豆町に向かう途中で、田舎暮らし体験住宅を見学。そこでお母さんたちの手作り弁当で豪華な昼食に舌鼓。

ダウンロード - 6e69c8827e697a5e3818ae8a9a6e38197e7a7bbe4bd8fe4bd93e9a893e4bd8fe5ae85.jpg

ダウンロード - 6e69c8827e697a5e3818ae5bc81e5bd93.jpg

 

 

| | コメント (0)

6月9日区政報告会で「失語症とは何か」を学びました

6月9日、杉並会館で区政報告会を開き、失語症全国協議会副理事長の園田尚美さんをお招きし、失語症とは何か、その当事者とご家族の大変なご苦労をお聞きし、他の障がい者施策と比べ対策の不十分性を実感しました。その後歓談時間を設け、参加した方々から貴重なご意見、要望をいただきました。

69

| | コメント (0)

6月1日東海第二原発反!東海村ビラまき行動に参加

    「若狭の原発を考える会」が毎月2回、大飯、高浜等原発立地で「アメーバ―行動」と称するビラまきとマイクで宣伝してきた結果、当初は厳しい反応が変わり、今ではほとんどの方たちが受け取り、再稼働に対する不安や反対の声を表明する劇的な変化を遂げています。これに倣い、東海第二原発の地元東海村で、アメーバ―行動が呼びかけられ、反原発議員市民連から新城議員とともに参加しました。東京、千葉、埼玉、神奈川、福島から黒田さんが参加、阿部功志東海村議会議員から分担した地域を紹介いただき、それぞれ50~60枚のビラを約1時間ほどでまききりました。拒否はなく、手渡しした方も遠くからご苦労様とねぎらう方もいました。写真はビラまきのあとの交流会。

61

 

 

 

 

| | コメント (0)

5月9日自治体議員立憲ネットワーク代表世話人会議

 統一地方選が終わり、自治体議員立憲ネットワークの代表世話人会議が久々に開かれました。市来事務局長と沖縄の中村未央県議が参院選出馬となり、今後の役員体制や取り組みについて話し合いました。安倍政権が9条改憲を急ぐ状況ではこれと闘うことの重要性、踏み出した沖縄・辺野古の闘いとの連携で、立憲議員ネットの取り組みを継続し強化していく方向を確認しました。福山平和フォーラム共同代表から市民連合と立憲野党の参議院選挙に向けた動きの報告を受け、また選択的夫婦別制めぐる動きにについて坂本洋子んから報告をいただき、大変勉強になりました。写真中央が講演する坂本洋子さん

59

| | コメント (0)

5月7日朝の駅頭街宣を再開しました

   連休が明けて、今日から朝の駅頭街宣を再開しました。配布した区民ニュースの最新号は、1面は保育園や学童クラブの保育の質を守る取り組み、2面は東海第二原発再稼働の危険性です。
 政府は3月、来年度から学童クラブの職員基準を緩和する法案を閣議決定し、今国会で成立させる動きです。これにより自治体は条例で、これまで配置されていた職員数を減らすことができるようになります。

 厚生労働省は、現在、児童福祉法に基づく省令で1教室に職員2人以上の配置を義務付けています。うち1人は保育士などで、都道府県の研修受講が必要です。法案では学童クラブの運営は地方自治体の裁量に委ねられ、研修を受けていない職員が1人だけで対応することが可能になります。保護者や現場職員から、「安全確保や学童保育の質が置き去りにされる」との反対の声が出ているのも当然です。保育園に続く学童クラブの待機児童対策として、政府は学童保育の定員を2019年度から5年間で約30万人分拡大する計画を示しましたが、職員の確保が難しい現状です。保育士が足りないのは、処遇の低さが原因であるにもかかわらず、その改善がはかられないまま、学童クラブの職員配置人数を減らすというのは、子どもの安全より、財政を優先する姿勢だとの批判は免れません。下は、今後学童クラブ専用館となる浜田山児童館
918

 

| | コメント (0)

22日開票で、けしば・新城ともに当選を果たすことができました。

区議会議員選挙は翌日の開票で、ご心配をおかけしました。けしば誠一3344票で48議席中15位、新城せつこ2852票で30位、当選を果たすことがきました。。参院選を前に、国政政党が有力新人をたて激しい選挙となりました。皆様の支えで当選を果たすことができました。今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

世田谷区長選保坂展人さんが自民党候補を破り3選

東京都世田谷区長選は即日開票され、現職の保坂展人さんが、自民党の前区議会議長三井美穂子氏を破り、3選を決めました。保坂展人氏189,640票、三井美穂子氏120,890票の圧勝でした。私たちを応援していただいた保坂さんの勝利は本当にうれしく、世田谷の区民の良識の勝利でした。今後と世田谷区と杉並区が連携し、憲法を区政に活かす福祉第一の政治をめざしましょう。おめでとうございました。

| | コメント (0)

衆院沖縄3区補欠選挙で辺野古新基地に反対の屋良朝博氏が当選

  衆議院沖縄3区の補欠選挙は、普天間基地の名護市辺野古への移設反対を訴えた、無所属の新人でフリージャーナリストの屋良朝博氏が自民党の新人を破り、初めての当選を果たしました。屋良朝博氏が、7万7156票。島尻安伊子氏が5万9428票で、屋良氏が元沖縄・北方担当大臣の島尻氏を破りました。投票率は43.99%。屋良氏は56歳。
沖縄タイムスで論説委員や社会部長などを歴任し、杉並にも講演をお願いしてお聞きしました。オール沖縄の勝利に応え、明日のけしば・新城の勝利を願うものです。

421_2

 

| | コメント (0)

7日間全力で闘い抜きました。皆様のご支援に応える結果を期待します。

この度の区議会議員選挙は、かつてない厳しい闘いになりました。国政の各政党が、7月参院選の流れを決める前哨戦と位置づけ、議席増を狙い有力新人候補を立て、全力を傾注したためです。JR駅やスーパーなど人の集まる場所には入れ代わり立ち代わり候補者が並び、場所を確保することができないほどでした。後半は、日頃お世話になる浜田山・高井戸・久我山に集中し、訴え続けました。多くの皆様に声をかけていただき、数えきれないほどの握手いただき、勇気づけられました。今日8時から開票が始まり、午後には結果が出ます。良い結果を願っています。

423

420

416

| | コメント (0)

«明日14日(日)から杉並区議選がスタートです