9月18日さようなら原発1000万人アクション代々木公園

 9月18日台風一過の秋晴れの中、さようなら原発1000万人アクションの呼びかけで、代々木公園で集会が開かれました。沖縄から山城博治さんが駆け付け熱烈な訴えを聞きました。福島からは原発被害者原告団をはじめ多数が参加、福島第1原発の収束もできないまま原発を次々と再稼働することは許せないと怒りを込めて訴えられました。

918_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月13日朝鮮高校無償化裁判報告集会に1200名

 教育の機会均等を謳った高校無償化法が、政治外交的な理由で左右されて、朝鮮高校だけが排除されたことに、朝鮮高校生が損害賠償を求めた裁判で、東京地裁田中裁判長は、9月13日、棄却を言い渡しました。文部科学大臣が、拉致問題を理由に朝鮮学校を無償化の対象外としたのは明白にも関わらず、裁判所は「政治的、外交的理由ではない」との判断を下す、まったく不当な判決です。弁護団の口からは次々に勝訴を勝ち取れなかったことへの謝罪の言葉が続き、「勇気を持って立ち上がってくれた生徒たちに応えなければ…」と、金舜植弁護士は声を震わせながら語り、満場は激励の拍手に包まれました。イ・チュニ弁護士は、「あまりにひどい判決に、逆に奮い立たされている。」と高裁での勝利をめざす決意を語り、会場の拍手で勝利を誓い合いました。

918_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月13日一般質問で学童クラブの待機児童解消を求める

 保育園に続き学童クラブの需要が増え、登録児童数は2012年度3,207人から今年度4,172人と965人増えています。全体では受け入れ人数が登録人数を上回りながらも、地域によっては待機児童が生まれ、12年度44人、昨年度は84人と年々増加、今年4月は199人と2.4倍に膨れ上がりました。3年生が72人と4年生が82人で、待機児童の8割を占めています。
 浜田山では今年1年生の入所者が予想以上に多く、待機児童は2年生2人、3年生15人、高井戸で3年生10人、和泉学園でも5人出ています。
 杉並区の学童クラブは高度成長期に女性の就労が進み学校から帰っても親がいないため鍵を持たされたいわゆる「かぎっ子」対策として始まり、児童館で実施され実績を上げてきました。2014年度国のガイドラインが改定され示された指針は、設備や職員体制など十分とは言えません。区としてこれまで通り、職員体制など国以上の水準で運営していくことを求めたところ、姿勢が確認できました。また学童クラブは、障害児の受け入れの実績があり、障がい者差別解消法の実施に伴い、職員体制と受け入れの拡大を確認しました。
 11月に募集があり、結果が2月にしかわからない状況で、保護者に不安を与えています。来年度に向けた抜本的対策と、保護者の安心を得るために年内の説明を求めました。浜田山小学校の利用など来年度の待機児童の解消に向けた取り組みを確認しました。

918

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月13日一般質問で区長の歴史認識を質す

9月11日から第3回定例会が開会。13日いのち・平和クラブ(無所属区民派)新城せつこ議員が一般質問で、①区長の歴史認識について、②介護保険制度改定について、③介護保険と障がい者サービスについて、④学童クラブの待機児童について、⑤外環道について質問しました。小池都知事が間道大震災の朝鮮人犠牲者慰霊式へのメッセージを取りやめ、ミサイル問題を背景に、朝鮮人に対する差別が助長される中、歴史事実を否定する動きに警鐘を鳴らしました。

以下は、区長の誠実な答弁です。
『この事件は、関東大震災時に朝鮮人が武装し、あるいは放火するといった流言を背景に、住民の自警団や軍隊、警察の一部により朝鮮人等への殺傷事件が生じたもので、平成20年に発行された内閣府が所管する中央防災会議の報告書にもこのような事実が記載されいる。虐殺された人数等については、様々なご議論があると承知しているが、私も、朝鮮人に対する虐殺事件が起こったという事実は、中央防災会議の報告書と同様の認識をもっており、自然災害がこれほどの規模で人為的な殺傷行為を誘発した例は、日本の災害史上なかったものと受け止めている。…過去の出来事を後世に継承していくことは、災害対策においてもとても大事なこと。私たちは、大規模災害時におけるパニック状況下では、情報不足や流言によって、想像もつかないような悲惨な状況を生み出しかねないことを、この事件の教訓としてしっかりと学び、2度とあのような悲惨な出来事を繰り返すことがないよう、この事実を直視し、後世に継承していくことこそが大切であると考えている』

91

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月11日経産省前テント広場6周年集会

 9月18日経産省前テントひろばが、テント設置6周年を記念する集会の開催。反原発自治体議員・市民連盟を代表して連帯のアピールを送りました。写真は鎌田慧さん。テントは1年前に強制撤去され、関係者2人に借用料をとして多額の賠償金が請求されています。
 集会の後経産省を取り囲むうウォ―キングで抗議していた最中に、関係者が「無届デモの指揮をした」という口実で不当逮捕されました。このようなことで10日も拘留をつけるなど、異例の不当な手口に、脱原発運動のメッカとなり、今も毎日座り込みが続くテント広場に対する権力の危機意識が伝わってきます。

9117

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月1日関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式で追悼の辞

 9月1日東京慰霊堂の横に建つ「関東大震災朝鮮人慰霊碑」前で追悼式が行われました。今年は歴代都知事がすべて送っていた式辞を池都知事がとりやめたことで、在日同胞をはじめ例年以上の参列者とマスコミの注目の中開会されました。日朝友好促進東京議員連絡会を代表し、私が式辞を述べることになりました。
 
震災の混乱状況下、内務省は戒厳令を宣告し、発した指示に「混乱に乗じた朝鮮人による凶悪犯罪、暴動など画策しているので注意すること」とあり、これが行政機関、新聞などを通じて広まり、武装した自警団により6千余名の朝鮮人・中国人、社会主義者までが虐殺されたのです。根深い朝鮮人に対する差別意識がこの残虐行為に民衆を駆り立てました。流言飛語には、内務省の指示で行政機関が加担した事実があり、その反省から歴代都知事が追悼文を出してきたのでした。小池都知事が今年これを止めたことは、歴史的事実を消し去り、差別迫害を助長するものであり、断じて許せません。この点を厳しく断罪しました。

91

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月31日福井県知事と県議会に請願・要請

 原子力規制委員会は、8月25日大飯原発再稼働前に必要な工事計画補正書を認可し、8月28日関西電力は、大飯3号機を来年1月に、大飯4号機を3月に再稼働すると発表しました。これに対し8月31日、福井県議会と福井県知事に、安全性が確認できない今再稼働を見直すよう求める請願・要請書を提出しました

831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月30日保坂世田谷区長を囲む会に参加

 8月30日、憲法擁護や保育園待機児童対策などで田中区長とも連携している保坂展人世田谷区長を支える会が、京王プラザで開かれ参加しました。タレントの東ちづるさんとのトークイベントを興味深く聞きました。東ちづるさんが代表を務める一般社団法人「Get in touch!」は、マイノリティPRイベントをを国連総会が定めた「自閉症啓発デー」にあたる4月2日に毎年主催する活動を継い続しています。今年は渋谷でイメージカラーブルー着物や布で制圧する素敵な取り組みでした。

830_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月28日から区内諸団体との政策懇談会

 いのち・平和クラブとしてこの時期、来年度の予算要望に向け、区内各種団体との政策懇談会を行ってきました。今年は初めてNPO団体協議会との懇談を行い、社員70名(常勤50名)年50億円の事業展開を行っている団体代表から、「協同」について興味深い取り組みをお聞きしました。
 また、昨年に引き続き、リサイクル・清掃事業者との懇談では、紙のリサイクルに入れてはいけないもの、金や銀の色を使た菓子箱などの紙、洗剤やピザの箱など臭いのある紙は、燃えるゴミに入れなければいけないものを再確認しました。

830

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月26日東海第2原発再稼働に反対する人間の鎖

8月26日は長野から上野経由で常磐線の東海駅に向かい、地元市民団体が呼びかける東海第2原発を包囲する人間の鎖行動に参加。首都圏から最も近い東海第2原発は、運転開始からもうすぐ40年。着々と再稼働の準備が進んでいます。茨城県の市民団体と自治体議員が呼びかけた東海第2原発を包囲するヒューマンチェーンに参加しました。

826

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«8月25日長野で生活保護問題対策議員研修会