5月2日小松久子さんと築地市場の豊洲移転撤回など訴え

 5月2日阿佐ヶ谷駅南口で、小松久子都議会議員とともに、築地市場の豊洲移転撤回や、保育所待機児童解消への都の支援要請など、7月都議会議員選挙の重要性を訴えました。新城せつこ議員、曽根文子議員とのリレードークで駅を利用する皆さんに呼びかけました。

52_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月27日関西電力本社に対する抗議集会とデモに参加

4月27日関西電力本店包囲全国集会が開かれ、高浜原発の再稼働を容認した大阪高裁抗決定を受け、5月中に4号機の再稼働を公表した関電への怒りの声が表明されました。
 集会は、関西を中心に全国の原発立地地元や東京からも700人の市民が集まり、福井県民会議の中嶌哲演代表は、主催者として「安全対策を怠った高浜原発再稼働の必要はない。今日参加し、一回りも二回りも広げた仲間の力で若狭の原発を止めたい」と訴えました。
 私は、反原発自治体議員・市民連盟を代表し、関西の自治体議員と連携した高浜原発30キロ圏自治体への請願・要請行動を報告し、この力を拡げ若狭の原発を止めようと呼びかけました。

427

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月26日朝鮮第1初級中級学校で日朝議連世話人会

 4月26日、朝鮮情勢の緊迫化に、日朝議連世話人会が開かれました。会場は荒川区にある朝鮮第1初級中級学校。校舎はまだ新しく、廊下や体育館、芝の運動場で生徒たちが、空手やサッカー、舞踊の部活に励んでいました。厳しい状況だからこそ、日本に住む子どもたちは、元気で育まれるよう支えたいと願いました。

4261

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月25日自治体議員立憲ネットワーク世話人会

 

4月25日午後参議院会館で、自治体議員立憲ネットワークの世話人会が開かれ、沖縄から仲村未央県議、赤嶺昇県議をお招きし、7月の総会に向けた相談を行いました。沖縄からは、立憲ネット沖縄の第3回総会で決議された「米海兵隊の沖縄からの撤退を求める決議」に対する全国からの賛同が要請され、本土がこれにどう応えるのか重要な議論がなされました。途中、伊波洋一参議院議員(写真・右端が仲村未央県議)からの報告もいただきました。

425

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月23日反原発自治体議員・市民連盟第5回総会

423日、反原発自治体議員・市民連盟の第7回総会が、タンポポ舎4階開催されました。冒頭、記念講演として原発ゼロの会・秋本真利衆議院議員(写真)(自民党無派閥)をお招きし、国のエネルギー政策について興味深い貴重な話をお聞し、活発な質疑が交わされました。原発を無くすためには、今後、自治体議員と原発ゼロの会との党派を超えた連携が必要と感じました。

3.11以降安倍政権発足以来、規制委員会と電力会社が全力で原発再稼働をねらいましたが、原発立地と結ぶ全国の反対運動や議員・市民連盟の取り組みにより、現在稼働中は川内の2基と伊方の1基のみ、推進派の思うようには再稼働は進んでいないことを確認しました。全国自治体議員の連名による請願・陳情は、マスコミが大きく取り上げ、原発立地で闘う議員を励まし、再稼働に反対する多くの民意を掘り起こすことができました。

423

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月22日朝鮮第9初級学校を支援するサランの会総会

 阿佐谷にある朝鮮第9初級学校を支援するサランの会第7回総会に参加しました。阿佐谷の杉並第1小校の保護者・生徒との日頃の交流、夜会やバザーなど地元住民が参加する集いなどを通じて、第9の生徒を支える輪が地域に広がってきました。
 サランの会は毎月定例会を持ち、第9のオモニやアボジとの交流、年数回の給食や授業、絵本の読み聞かせ、スキー教室や遠足などのお手伝いもしています。サランの会は全国でも知られるようになり、同じような支援の輪を全国に広げようという声が聞かれます。区議会でも超党派で第9を応援しています。写真は、可愛い生徒のサランの会へのお礼の挨拶。

422

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月19日関電本店へ全国自治体議員260名連名で要請

 関西電力は、大阪高裁の高浜原発3.4号機再稼働容認を得て、5月中にも4号機の再稼働を行うと発表。関電が高浜原発地元音海(おとみ)地区や原発30キロ圏自治体の同意も得ず、関電社員の賃金未払や、原子炉建屋のクレーン事故などの抜本的な改善策を示せないまま再稼働することは許せません。これを許せば今後は、大飯原発や美浜原発へと若狭湾一帯の原発が次々と稼働され、事故が起こる確率は高まります。福島が繰り返され、関西の自然と水瓶が汚染され、安心して住めない一帯に変わります。
 住民の命とくらしを守る自治体議員の責任から、高浜原発と若狭の原発の再稼働を何としても止めなければなりません。そのために、418日大阪で関西の自治体議員と市民の懇談会を持ちました翌19日関電本店への再稼働の中止を要請。511日福井県知事へ再稼働中止を求める行動をはじめ、関西の自治体議員の力をあつめ、連携を強めることを確認しました。写真は関電本店前。

419



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月17日総務財政委員会でビーチコートの陳情審査

 

旧永福南小学校の跡地に、特別養護老人ホームと障がい者施設、定員60人の保育所をつくり、まだ新しい体育館に老朽化した永福体育館を移転する計画が決まりました。体育館に併設するビーチコートを保育所に変えるよう求める陳情が出され17日の総務財政委員会で審議されました。以下の質疑を通して、当該の土地は空地として、何らかの体育施設として活用する以外ないことが判り、その用途や建設予算の妥当性について確認しました。

 

;障がい者施設の職員から障がい者の機能回復にビーチコートが役立つとの話を聞いた。ビーチバレーコートがオリンピックのためだけなら反対だが。 

;名古屋では高齢者のデイサービスに利用。子どもから高齢者の健康増進に広く活用する 

;ビーチコートの9500万円はかかりすぎでは 

;ビーチコート費はテニスコートや公園などと同額の1500万円。傾斜地の整地と防球ネットをつくる8000万円は他の利用でも必要となる 

;陳情は空地に30人の定員増を求めているが 

;特養の用地に都の道路計画があり、体育館の容積率から一定の空地が必要。他に駐車場などの必要性から保育定員増は難しい。

  

417

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月16日横国大山の会先輩の慰霊山行

山の会でお世話になった先輩が西丹沢で不慮の事故で他界し、三回忌の慰霊山行に参加。翌日の総務財政委員会準備があるため、ゆかりの西丹沢自然教室までゆき、そこで見送らせていただきました。満開の桜のもとで、生前の感謝への思いをささげました。

416

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月15日京王線地下化訴訟の会総会

 京王線の高架方式が、沿線住環境を脅かすことに対し、沿線住民が地下化を求める裁判を起こしています。欧米の国々では住宅街や繁華街の鉄道はすべて地下鉄か路面電車、高架の上を走るところはありません。訴訟の会総会で一言応援の挨拶をしました。弁護団長は海渡弁護士で東京都を追い詰めています。

4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«4月11日中野サンプラザで日朝友好の集いが盛会