11月4日杉並フェスタが盛況

 11月4日、5日「人と人、地域と地域をつなぎ、杉並を元気に!」をテーマに、恒例となった杉並フェスタがが開催され、秋晴れの中昨年を上回る10万6千人が参加しにぎわいました。写真は同時に行われた杉並農業祭の杉並産野菜の宝船。

114

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月4日高井戸中学創立70周年式典

 11月4日高井戸中学体育館で、創立70周年を祝う式典と祝賀会が行われました。式典ではブラスバンド部の演奏と在校生の見事な合唱が参加者の心を打ちました。来賓を代表し教育長から「70年前教育基本法が成立して以来、アンネのバラが象徴する平和への願いが未だ実現できていない今、二つの解決できていない大きな課題がある。一つは異なる人種や宗教、考え方の違いによる争いともう一つは貧困と飢餓の問題。その解決に向け、平和を実現する高い志と貧困をなくす強い意志を持って欲しい」と訴えました。
 萩原校長は、「70年前、教員自身がわからないほどの民主主義教育への大転換があり、今また第4次産業革命ともいうべき大転換で人工知能やインターネット情報の時代、しかし人工知能にはないのは一人一人の個性と価値観、それをを大切に」と生徒に求めました。祝賀会では、和太鼓部が、記念に贈呈された大太鼓を中心に、力強い演奏を披露しました。

11470

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月2日杉並清掃工場落成式

 杉並清掃工場は、5年間かけた建て替え工事が完了し、10月から操業が始まっています。工場内には清掃工場がこの地に建設されるまでの反対運動と和解に至る歴史を記した展示室、清掃工場の大きな発電力、工場の排熱を利用した足湯、工場周囲の約1キロの緑道など地域に溶け込み環境学習に寄与する素晴らしい施設の生まれ変わりました。11月2日落成式が関係者や地域住民160名で盛大に行われました。

112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月30日朝、浜田山駅で吉田はるみさんと衆院選結果報告

 10月30日朝、浜田山駅で通勤する方たちに衆院選で惜敗した吉田はるみさんとともに、選挙結果の報告ニュースを配布、報告しました。多くの方から、「残念でしたね」「統一できたら勝ちましたね」「次はぜひ頑張ってください」と励ましを頂きました。

1030_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月26日前橋市のサウンディング型市場調査を視察

 

10月26日は、サウンディング型市場調査を視察。サウンディング型市場調査とは、市有地などの有効活用に向けた検討にあたり、活用方法について民間事業者から広く意見・提案を求め、「対話」を通じて市場性等を把握する調査です。前橋市では、廃校となったへき地の小学校跡地の利用方法を、民間から広く提案を求めた結果、「英語を使い、楽しく体験しながら、英語を学べる」英語村に生まれ変わりました。杉並では学校の統廃合で用地が生まれれば、利用方法は保育園や特養など山ほどあるのと比べ、前橋市の山間部では、廃校となったら利用する方法がない土地が空いたまま、そこではこうした民間の提案制度は効果があると思いました。下は、前橋市の英語村で「入国審査」を行う入り口

1026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

25日、2日目は長岡市役所のあるアオーレ長岡を視察

 10月24日、2日目は新潟県長岡市役所を併設する複合施設アオーレ長岡を視察。プロバスケットボールやプロレス、大相撲までできるアリーナとナカドマ(屋根付きひろば)と市役所が一体となり、一階フォロアーにガラス張りの市議会議場、後援会やコンサートまでできるホールなど様々施設があります。駅に直結した立地で中心商店街に隣接した町の賑わい創出をめざし成功しています。

1025

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月24日〜26日総務財政委員会で行政視察

 10月24日から26日、総務財政委員会の視察に参加。第1日目は大火に見舞われた糸魚川市。市役所で説明を受けたのちに、2016年12月22日昼前に発生、翌日夕方鎮火するまえ30時間燃え続けた大火の現場を視察。糸魚川駅北側から日本海の海岸まで燃え広がった焼失面積は1万坪。奇跡的に焼け残っ住宅と銀行は、耐火構造で窓にはワイヤーが入った二重構造。コンクリート造りでも、ガラスが割れて炎が建物の中に入ると焼け落ちてしまいました。火元のラーメン屋の南側は木造ながら風の流れで焼け残りました。写真は火元のラーメン屋跡。

1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立憲民主躍進、吉田はるみさん76289票次点惜敗

 衆院選の結果をマスコミは「自民圧勝」と報じていますが、安倍首相の顔は明るさが見られません。実際に自民党は改選前と比べて横ばい、公明党は議席を減らしました。政権を狙った希望の党は、235人を立候補させながら当選は50人で7議席減らす惨敗です。
 一方事実上、選挙戦3日前に立ち上げた立憲民主党は、78名が立候補し55名が当選、改選前15議席を3倍以上に伸ばしました。小池都知事による希望の党立ち上げによる野党共闘の分断によって、数の上では自民圧勝と見えながら、民意は安倍独裁に対して真っ向勝負を挑んだ立憲民主党を選択したのです。無党派層の36、9%が立憲民主党を支持し、自民を超えていることにも示されています。
 杉並では立憲民主党を選んだ吉田はるみさんが大健闘し、支持を拡げながらも76283票で、残念ながら石原伸晃の99863票には及びませんでした。共産党が22399票、円よりこさんが11997票で、当初予定していた野党の一本化が果たせていれば、十分逆転勝利できた状況でした。
 2年前から、区議会では、民進党から共産党私たち無所属議員まで15名の議員が、自民党を倒すために吉田はるみさんに一本化することで話し合ってきました。直前になって共産党中央から「比例の票が厳しくこれ以上候補者を減らせない」という理由で、「8区は共産党へ一本化」などという杉並ではおよそ不可能なことを言い出し、共産党の次期区議候補者を衆院選に立てたことは、信義に反することでした。「野党共闘」も党利に従う掛け声だけであれば、信頼を損ねることになるでしょう。
 立憲民主党の躍進は、安倍政権を倒したいと願う多くの人々に、今後の飛躍に期待を与えています。
写真は荻窪で立憲民主党を応援する区議。

1020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月21日最終日は阿佐ヶ谷駅南口で最後の訴え

 

10月21日最終日、朝は荻窪駅南口で最後のお願い。午後は中央線4駅を吉田はるみさんの訴え、最後は阿佐ヶ谷駅南口で最後の演説。小川敏夫参議院議員、有田芳生参議院議員からの応援のアピールを受け、党派を超え絵応援する10名の区議会議員が並び、私が代表して応援の訴え、最後に吉田はるみさんが思いのたけを語りました。

1021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月20日立憲民主党福山哲郎幹事長が応援演説に

 10月20日午後6時荻窪駅北口に、吉田はるみさんの応援に、立憲民主党福山哲郎幹事長がかけつけました。「枝野さんのいうまっとうな政治を実現します。」「皆さんに肩を押されて立ち上げた立憲民主党は、永田町の数合わせの政治に替えて、皆さんとともに下からの民主主義を実現します。」との明快な訴えに満場が拍手喝采。

1020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«10月20日朝久我山駅北口、下高井戸から浜田山に支持拡大